■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

6月3日、子ども10人とともに里山開拓!
天候は晴れ。気温は少し高く感じられましたが、里山に入ると新緑が生い茂り、外よりも涼しく感じられます。ここ数日は雨も降っておらず湿度も低く過ごしやすい絶好の里山開拓日和となりました。参加者数は子供10名、大人9名と過去にない大人数です。

この日の午前企画は『新緑のたたき染め』です。作り方はシンプルで、葉っぱを布の上において上から木槌などで叩いて、定着液に付けてから乾かすだけです。聞くと簡単そうですが、実際やると意外と難しくコツが必要そうです。葉っぱの種類を変えてみたり、叩き方を変えてみたりといろいろ試行錯誤上手に里山の新緑をそのまま布に写し取ることができました。

1806tataki.jpg

お昼はチーズフォンデュです。ブロッコリー、ウィンナー、フランクフルト、アスパラ、きのこなどいろんな食材を切って、お湯でボイルします。それを温めたチーズフォンデュにつけて楽しみました。そのあと、デザートにチョコバナナを作りました。

午後は自由時間です。子供たちの想像力を存分に発揮していろいろなものの作成に取り組みました。ある子供は木箱の政策に取り組みました。余ったべニア板を上手に切って釘で打ち付け、蝶番を取り付けて開閉式の木箱を作りました。ほかにも落とし穴や、ターザンロープなど、里山でないとできないものも作りました。

1806rope.jpg


また、里山にはイノシシやタヌキなどたくさんの動物がいます。動物たちを撮影するためのカメラを子供たちと一緒に設置しました。

他にもハイジブランコやハンモックで遊んだりと、あっという間に時間が過ぎていきました。子供たちも初めての里山開拓を思う存分楽しめたようです。

スポンサーサイト
里山開拓報告 | 07:17:31
5月13日、ツリーハウスの壁をみんなでデザイン
午前は曇り、午後からは雨が降るかもしれないというお天気の中、当日まで開催できるか不安でしたがなんとか 里山開拓を行う事ができました。

里山開拓当日、最初はバス停でほかの会員と待ち合わせ。大勢の登山客を横目に見ながらバスに乗り、目的の里山まで出発しました。しばらくバスに揺られながら里山のふもとに到着。登山前には偶然ご近所の方と出会い、ご厚意でタケノコとその皮をいただけることに。スーパーではなかなかお目にかからない立派なものをいただきました。

その後ご近所の 方にお礼をいってから山頂へ向けて登山を開始。思っていた以上に斜面が急で、また落ち葉もたくさん積もっていたので、転んでしまわないよう慎重に登っていきました。

10~20分ほど登っていくと目的地に到着。そこには木で作られたシーソーやブランコ、ハンモックなどお手製の遊び道具があり、なかなか少年心くすぐられるものがありました。

しばらくしてから子どもたち、園の職員さんと合流。 本日の子どもの参加は4名で山頂につくなりハンモックやブランコでくつ ろいでいました。 その後、全員で円になり自己紹介を行ってから今日の作業を始めました。

まずはじめは作成途中のツリーハウスの壁作り。大人と子どものペアで別れて 作業を行いました。はじめはみんな何を描こうか思いつかず手が進まない様子でしたが、一度描き始めると夢中になり、 あっという間の1時間でした。 みんな思い思いの好きなものを描き、とても素敵な壁が完成しました。

1805design.jpg


壁つくりの後はお昼の時間、今日のメニューは焼うどんに登山前にいただいたタケノコ、デザートはアボカドにバナナを混ぜたものです。みんなで調理をしておいしくい ただきました。

1805yakiudon.jpg


ご飯の後は自由時間。のはずだったのですが天候不良のため急遽下山することに決定。 自由時間を切り上げていつもより早めに解散することとなりました。下山の際は急な斜面も多く、みんな慎重に一歩一歩降りていきました。途中滑り落ちそうになりながらもなんとか踏ん張り、みんな怪我なく下山するこ とができました。

本日の里山開拓では、時間いっぱい過ごすことができなかったのは残念でしたが、少しの間だけでものんびりしたひと時が過ごせたのではないかと思います。次回の開催は6月と梅雨の季節でまたお天気が難しいかもしれませんが、今度こそは時間いっぱ い里山で遊ぶことができたらいいなあと思います。

本日はありがとうございました。

里山開拓報告 | 07:02:45
3月18日、ツリーハウスの壁を作る!
八王子に生まれ育ち自然に囲まれて育った私たちは、どの様に山が開拓されているのか今日をとても楽しみにしていました。
空を見上げると澄んだ青空で足取り軽く、集合場所へ向かいます。

バス停で他の会員と落ち合い、後程子どもたちとは山頂で合流するとの事で登山をスタート。
登山開始後すぐ道が土で凸凹しており、猪が餌を求めて鼻で土を掘り起こして虫を食糧にしていると教えてくれました。猪も生きるのに必死なのです。

山頂に着くと、シーソーやブランコ、建設途中のツリーハウスがありました。そこにハンモックをセットし秘密基地に来たみたいでワクワクします。

子どもたちと大人2名の方も山頂へ到着し簡単な自己紹介の後、3つのグループに分かれてそれぞれ作業スタートです。チーム①はバードウォッチング等楽しめるようカメラをセットしに行きましたがSDカードのサイズが合わないとゆうほっこりした笑いもおきました。また次の楽しみとゆう事で♫

ツリーハウスの外枠に使う真っ直ぐ伸びた木を女の子がノコギリを使って切ってくれています。途中「大丈夫??」と声を掛けると「私の事甘くみないで。」と慣れた手つきで最後まで切り終えました!たくましいです。

本日のお昼ご飯は、そば飯、焼きリンゴ&焼きチョコバナナ。そば飯のスピーディーかつワイルドな手さばきの連携プレーには驚きました。出来上がると、ソース増量、マヨネーズ、紅生姜、青のり♫各々お好みでトッピングを楽しみました。デザートの焼きリンゴには、はちみつ、シナモンをお好みで、チョコバナナのチョコだけを食べる子もいてその姿が何とも可愛らしかったです。
その後スープやコーヒーを堪能しました。

000_R_201804090614410e4.jpg

午後にはツリーハウスの外壁の作製に掛かり4枚の正方形の板を、木の枠にドリルで固定します。子どもたちのドリルやノコギリ裁きは大人顔負けで感心しました。バラバラだった4枚の板はツリーハウスの外壁になる身支度を終えて取り付けが楽しみです。子供達の可愛い絵も映えています♫

002_R_2018040906144041e.jpg

ハンモックに揺られて談笑したり、いも虫のようにクルッと丸まって昼寝をしたり、自分で作ったんだよ〜っとシーソーで遊ぶ子や、ハイジのブランコに乗って大自然の景色を楽しむ後ろ姿はとても頼もしく思いました。

下山の時間になり、落ち葉に足を取られないよう慎重に下りる私達に比べて子どもたちは羽でも生えてるの?と思うほど身軽に降りて行きました。

もちろん怖がる子も居るので、手を貸しながら落ち葉をエスカレーターの様に利用したりしながら一緒に下山するのも楽しかったです。

次回に参加するのが早速待ち遠しくなりました。
本日の出会いに感謝の気持ちを込めて。鈴木&吉野

里山開拓報告 | 06:12:26
1月20日、道なき道を探検!
機恵子寮の子ども達と里山開拓に行ってきました。
大人5人、子ども7人で活動です。
当日は風がなく陽が出る時もあったので、1月にしては暖かい日でした。

里山の木はすっかり葉を落としていて、
ふもとから広場までの登山途中も周辺の景色がよく見渡せました。
足元にはかなりの量の落ち 葉が積もっていました。

午前中の企画は、3チームに分かれ
里山の中でまだ行っていない場所を探検し
今後の開拓の構想を考え発表しました。
それぞれのチームで、枝を切って道を作りながら探索したり、新しい場所や動物の痕跡を発見したりと、
今後に活かせそうな多くの収穫があった探検となりました。
子ども達はさっそく、新しく見つけた場所での遊びに夢中になっていました。

1801miti.jpg

お昼ごはんは、洋風おじやとチョコデザートを楽しみました。
おじやは、1人ずつアルミ皿に好きな具・ごはん・ケチャップを入れ、
焚き火かまどで軽く煮込みます。
出来上がり、アルミのフタを開けるとほかほかの湯気が広がりました。
冷えた体も温まり、簡単で美味しく大成功でした。
デザートには、小鍋にチョコを溶かし、
バナナ、イチゴ、マシュマロでチョコフォンデュをしました。
子ども達のチョコ人気は予想以上で、あっという間に完食でした。

1801hotchoco.jpg

午後は自由時間で、
全力で鬼ごっこをして元気に走り回り汗をかいたり、
ハンモックに2~3人入ってはしゃいだり、
木登りやブランコ、午前の探検の続きをしたり、
やりたい事がいっぱいで子ども達は時間が足りないようでした。

下山途中にも、里山での新発見や今後の開拓のアイディアを
聞かせてくれる子がいて嬉しかったです。
みんなの里山、今後の構想が膨らみますね。


里山開拓報告 | 20:22:45
支援者を里山に招待!里山感謝DAY
12月3日は子どもたちとではなく、クラウドファンディングREADYFORを通じて支援いただいた方々と里山に行きました(会員含め7名が参加)。今年4月「児童養護施設の子どもたちと里山にふるさとを作りたい!」というプロジェクトを立ち上げましたところ、27名から33万円もの資金をいただくことができ、今回の里山への招待はこのリターンとしてお約束していたものです。

高尾駅に早朝8時に集合した時は、気温はおそらく氷点下で都心より3度くらいは低くかなり寒く感じます。ただ、上るうちに息が上がってきますし、よく晴れて気温は12度くらいまで上がる予報でしたので全く心配はありません。

バスで20分ほどいったところで下車し、ヒノキの林を上り始め、雑木林の尾根道を進みます。木の種類などについて解説して、参加者には植林の林と雑木林の違いを五感で感じていただきます。15分ほど登ったところで私たちがメインで活動する第二広場に到着しました。

1712keshiki.jpg

まずは、私たちが作ってきた道や広場、ツリー展望台、ブランコ、シーソーなどを説明します。ここにあるものの多くは、現地の自然の恵みを活用しながら子どもたちと手作りしたものです。
クラウドファンディングで支援いただいているツリーハウス作りの方は壁材に窓枠をつけたり、ロープ橋やはしごを作ったりした段階でまだ5合目といった状況です。今後も道具や板材、交通費などに充当させていただきながら来年の早い段階での完成を目指しています。

午前中は手作り企画として、①ツリーハウス窓枠づくりサポート、②マイ箸づくり、③ツタのクリスマスリースづくりから参加者それぞれに選択いただく形で進めました。①は先日子どもたちとベニヤ板に窓の穴を大雑把に開けていたのでのこぎりややすりで整えます。②は雑木林から適当な太さの枝を伐ってきてやすりできれいにします。③はツタを輪にしてくるくるとからませ赤い実や緑の葉を飾り付けていきます。いずれもみなさん、やりだすととことんやろうとはまっていきます。里山は大人が都会暮らしのなかで久しく忘れていた感覚にぼっと火をつけるようです。

1712kosaku.jpg


11時半頃から、少し上ったところにある頂上広場にてたき火料理の準備を開始します。今回のメニューは「やさいたっぷりのきのこ鍋と焼きリンゴ・洋ナシ・イモ」です。枯れ木を集めて火を起こすチームと、食材を調理するチームに分かれて進めます。しばらくいい天気が続いていたので火は簡単に枯れ葉・小枝から太い木へと着火していきました。焚き火で鍋料理をするには太い木に火をつけて安定的に強い火力を保つ必要があります。焼きリンゴなどの方はあまり強い火よりは熾火じわっと加熱できると焦げなくていいです。みなさんの協力のおかげで手際よく30分あまりで完成です。

1712kinokonabe.jpg

1712apple.jpg

早速いただきます。熱々のきのこ鍋は薄い味付けで鶏肉ときのこの味が際立ちます!また熱々の焼きリンゴ・洋ナシ・イモの方は口の中でとろーり甘さがとろけてまさに高級スイーツです!食後には気をきかせた会員がコーヒーまで用意してくれました!

それにしても毎回思うのですがなんで里山のたき火料理はこんなにおいしいのでしょう?自然の中で食べるから?みんなで食べるから?一から手作りしたから?五感が研ぎ澄まされたせい?

午後は、みんなで頂上広場のさらに先の尾根道を散策することにしました。比較的なだらかなルートが続いていて食後の散策にはぴったりです。歩むたびに深く積もった落ち葉かさかさと音を立てて自分が今ここで歩いているという実感が際立ちます。木漏れ日は暖かで風もなく満腹な体をさらに満足させてくれます。再び植林の林に入ると、土がむき出しになっているところにシカやイノシシ、たぬきなどのたくさんの足跡が残っていました。その後、第二広場に戻って、ハンモックでのんびり昼寝をしたり、ツリー展望台で遠くを眺めたりしながら参加者でいろんな話をしました。

いつものように14時半に下山して15時のバスに乗ります。バスの揺れが心地よくすぐ眠りに落ちる人もみえました。15時半前に高尾駅に到着し解散します。

支援者の招待といいながら、私自身が子どもたちがいると比べてずいぶんのんびりと暖かく冬の里山を満喫できました。支援者・関係者を広く招待する里山感謝DAYは年に1回はぜひ開催したいと思いますので、残念ながら今回参加できなかった方もぜひ楽しみにしていてくださいね。

里山開拓報告 | 04:44:12
次のページ

FC2Ad