■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
里山開拓@八王子美山 ジャガイモ掘って、サツマイモ埋めて、雨降って、ベンチ作って
7月31日


参加者:岩田、田中、佐藤(友)

地震で目が覚める。
時計を見ると、朝四時。
前日から降ったり止んだりを繰り返している雨は小康状態。
森の中ならそこまで降り込まないだろうと判断して、今日の開拓は決行ということに。
おにぎり握って、いざ出発。

高尾へと向かう電車の車内も、天候の所為か乗客が少ない。
駅にて佐藤さん、田中さんと無事合流。
里山に着く頃には結構な本降りになっていたので、さっさと森の中に避難…したけれど、麓の辺りは針葉樹しかない為に、雨よけとしては余り効果なし。
さっさと広葉樹のある上の方まで登る。

今回、スパイク地下足袋を初めて履いてみたけれど、これはスゴい。
雨で地盤が緩くなっていても、全然滑らない。
素晴らしい。

そんなこんなで、頂上に到着。
晴れていたらここで畑仕事を中心にやる予定だったけれど、この雨だと辛いので、さっさと切り上げて他の作業に移ることに。
とりあえず、春先に植えたジャガイモを収穫。
どっちが耕作に向いているか試す為に、北斜面と南斜面に植えていたのだけれど、土壌の関係なのか、北斜面の方がかなり収穫量が多い(南斜面は石ころだらけ)。
収穫が遅かったせいなのか、妙にジャガイモがつるんとしていて、なんと言うか嘘くさい。
撮影用に用意した小道具みたいな感じ。
IMG_4689.jpg

IMG_1952.jpg
まあ良いか。
掘り返した後に、こちらも遅ればせながらサツマイモを埋める。
秋の収穫に間に合うかな?

さて、最低限やることはやったので、森の中の第四広場に移動。
あとの時間は、ここを中心に開拓。
奥の方の斜面が緩やかな辺りを少し切り開いて、そこでとれた間伐材でベンチを作る。
第四広場は麓から登ってきて最初の広場なので、ひと休憩出来るように前からベンチは欲しかった。
何度か作っている間伐材ベンチはお手の物…の筈が、なんかおかしい。
結び方はあっているはずなんだけれど、足が不自然なまでに開いてしまう。
最終的に足を少し地面に埋めることで固定。
完成。

第二広場に引き上げて、お昼ご飯。
相変わらず雨は止む気配なし。
何だか肌寒くなってもきたので、今日は時間をみて、引き上げることに。
1時間ごとにしか来ないバスを待つ間、立てかけの小屋のシートの下で雨宿りしながら、のんびりと話し合う。
開拓団に入って一年ほど経つけれど、その間にもいろんな人と会ったり、会わなくなったりした。
そこから何か結論を引き出す訳ではないけれど、そういうことが出来たこと自体にはすごく感謝している。

下山。
バス停でジャガイモを分ける。
掘った時は胡散臭いほど奇麗に見えたけれど、改めて広げてみるとやっぱり泥が結構付いている。
家に帰り着く頃、ようやく雨が止む。
次の開拓の時には晴れますように。

記入者:岩田


スポンサーサイト
里山開拓報告 | 17:03:24
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。