■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

里山開拓には行けませんでしたが…
2012年9月23日(日)

夏の間、里山開拓はお休みしていたので、今回は、子どもたちと久しぶりに里山開拓!
…の予定でしたが、お天気はあいにくの雨。
残念ながら、現地での活動は中止になりました。
そこで今回は、次回の里山開拓の準備をするために、子どもたちのいる施設にお邪魔してきました。

施設に到着して、子どもたちと久しぶりの再会!
みんなしばらく会わないうちに、ちょっと大きくなった感じです。
里山と違って、普段生活している場所なので、子どもたちもリラックスしていました。

今回の活動では、鳥の巣箱と里山に掲げる旗を作りました。
鳥の巣箱作りでは、みんなどんな巣箱にするか悩みながら作っていました。
作っているときの子どもたちの表情は真剣そのもので、一生懸命取り組んでいました。
その結果…シンプルなものからカラフルなものまで、たくさんの巣箱ができました。
巣箱の設置は10月の里山開拓で行う予定ですが、たくさんの鳥が入ってくれるといいですね!

鳥の巣箱作り

・とってもカラフルです。誰の別荘かな?



旗作りでは、みんなでデザインを考えながら作っていきました。
里山ってどんな場所かな?どんな生き物がいたかな?等をヒントに2つの旗を作りました。
途中からは、みんな好きなものをどんどん書いていったので、とってもにぎやかな旗になりました。
里山開拓を象徴する旗ができたので、ぜひ目立つところに掲げたいです!


旗作り

・製作中…どんな旗ができるかな?



鳥の巣箱と旗作りが終わった後は、みんなでお昼ごはんです
里山と違って、火おこしや薪集めはなかったので、お手軽にできました。
子どもたちの準備の手際も良く、一緒につまみ食いする余裕もありました(笑)
普段、里山では調理が忙しくて慌ただしいときもありますが、今回はゆったりと食事の時間を過ごすことができました。

食事の後は、納涼?季節外れ?のスイカ割りです。
子どもたちにルールを決めてもらって、施設の廊下で挑戦です!
みんなグルグル回ってから出発するので、なかなかまっすぐ進めません…
それでも少しずつスイカに棒が命中していくと、最後の子どもの一撃で見事に真っ二つになりました。割れたスイカはとってもおいしく、子どもたちがあっという間に完食してしまいました。


スイカ割1

・あれ…どこに向かっているの?

スイカ割2
・きれいに割れました!

今回は室内での活動でしたので、里山に行くつもりだった子どもたちには少し物足りなかったようです。
実際、元気が有り余ってしまう子どもも…(笑)
ただ、子どもたちの、里山で見せているものとは違う一面が見られたことは、開拓団としては収穫でした。
次回は、鳥の巣箱や旗の設置もあるので、ぜひ晴れてほしいですね!

世田谷区BBS 織田

スポンサーサイト

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

里山開拓報告 | 23:40:46

FC2Ad