■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

里山にて鳥の巣箱設置とハロウィーン
2012年11月4日(日)※会員4名、子ども6名+引率1名参加

 10月の終わりに予定していた子どもたちとの里山開拓。雨のため一週間延期となりました。
前回作った鳥の巣箱と里山に掲げる旗をつけることをとても楽しみにしていたと聞いていたので、
どのようにつけるのかなぁと私たち開拓団のメンバーもわくわく!

子どもたちが到着するまでの間、作った遊具の点検をしたり、草刈りをしたりと安全に遊べるように、
環境を整えます。そのためには実際に遊んでみることも大切です。
安全を確認し、子どもたちと遊ぶ気持ちも高まってきました。

1211kaitaku01.jpg

 山の下の方からだんだん子どもたちの声が近づいてきます。
無事に到着!着いた子から自然に遊び始め、今まで自分たちで作り、遊んできた場所なのだなぁ~
とその姿を見て感じました。
それぞれ思い思いに遊び、穏やかな雰囲気で里山の中に溶け込んでいました。

 遊んだ後には作った巣箱をつけます。小さな穴に試行錯誤しながら紐を通し、
自分で決めたところに巣箱をつけます。この紐通しがなかなか大変!
落ちている枝を利用したり、周りの子のやり方を見たり…
大人も一緒に真剣に考えて自然と気持ちが通じ合っていきます。

1211subako.jpg

その場にあるものを利用して、考え、大人も子どもも今の自分、
ありのままで関わっていく姿がいいなぁと感じました。
巣箱をつけた子はとても満足そうについたよーと見せてくれます。
その表情がとてもきらきらすてきでした。ついていない子の続きはお昼の後に!
 
もう少し山を登ったところで今度はお昼の準備です。
水をくみ、薪を集め、ウインナー、カボチャ、おいもなどを切ったり、
アルミにくるんだり…。今までの経験もあるので準備もお手の物♪
頼もしいな~とその姿に感動してしまいました。

1211lunch.jpg

薪をのこぎりで切ることに夢中になっている男の子。
食べる時間にも切りたい気持ちが膨らんで、何本も何本も切っていました。
やりたい!と思ったことを周りも時間も気にせずとことんやっていける、
受け入れてくれる里山の環境がすてきだなと思いました。
木の切れる感覚や切れていく音など体全部でその楽しさを感じていました。
最後には、「家つくりたい~!」と新たな思いも広がっていました。
 
 お昼の準備をしている間、先ほど遊んでいた場所ではお楽しみの準備が進んでいました。
そうです。ハロウィーンパーティーの準備!
いろいろな所にお菓子を隠して子どもたちに探してもらうのです。

1211halloween.jpg

 お昼を食べて、また先ほどの場所に戻ってきた子どもたち…。
さぁパーティーの始まり!あっっという間に隠れているお菓子を見つけていきます。
全部見つかったら皆でお披露目タイム♪数にバラつきはあるものの、
それぞれお菓子を見つけ、とても嬉しそう!少ない子には多い子がすっとあげている姿も。
そんなあたたかい気持ちがすてきですね。

1211halloween2.jpg

1211halloween3.jpg
 
 最後にもうひと遊び!巣箱も全員つけ、旗もつけました!
子どもも大人もすっかり打ち解け、この笑顔♪皆で思いっきり遊びました!!

1211hangmock.jpg

 楽しい時間はあっという間。そろそろ帰る時間です。
下りは急なので少し怖い子もいたようですが、大人を頼って手をつないで一緒に下りたり
「しゃがんで滑りながら行くといいよー」と声かけると滑るのが楽しくなって
一番下に着いたときには「もっと滑りたかったな~」と楽しい気持ちに変わっていました。

 自然の中でそれぞれやりたいことを見つけ、思い切り遊んだ時間!
大人も子どもに返ったように遊んでいるようでした。
子どもたちがやりたいと思ったことを大人も感じて、一緒に過ごし、考えていく
…そんな大人、子ども関係ない一人の人としての同じ目線での温かなつながりが
里山で過ごすことを通して広がっていました。帰る時のいい表情は忘れられません。

どんな姿も受け入れてくれる里山の環境。次はどんな楽しいことがあるのかな?
どんな子どもたちのきらきらした姿があるのかな?楽しみです!

スポンサーサイト
里山開拓報告 | 22:44:10

FC2Ad