■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

子どもたちとの里山開拓(第21回)~頂上広場でDIY!2015年5月17日
季節はもう初夏、第21回目の開拓企画は快適指数100%の絶好の開拓日和となりました。時より吹く風が非常に気持ちよいです。

こんにちは、初参加の田中です。第21回目の活動をレポートします。

日時: 2015年5月17日(日) 
参加者:児童養護施設側:児童6名、大人2名
開拓団側:大人7名、児童2名

本日のスケジュール
1 午前:頂上広場でDIY!
2 昼食:ホールフーズ料理!
3 午後:自由時間(午前の続き)

 活動内容
1.午前中は3班に分けて補修作業を11:30まで行いました。

*テーブル、ベンチの補修
*かまどの補修
*水場テーブルの製作

テーブル、ベンチの補修:頂上広場の食事スペースがやや狭く感じていたため、木陰に移動し倒木を移動させてベンチにしてみました。
1505table

かまどの補修:集めた石と粘土で手作りしたかまどが崩れてきていたので、再度石を組みなおし、粘土層からとった粘土を雨水と混ぜて補強しました
1505kamado

水場のテーブルの製作:切り倒した直径10㎝位の木を薪を束ねる感じでテーブルの脚を作り、前回製作したいかだ状の天板を乗せて、完成しました。
1505mizuba

水タンクの櫓もぐらつきが酷いので、次回のテーマになりそうです。

2.昼食

今回はホールフーズ(つまり、丸ごと)に拘ってみました。総料理長は櫻田さんです。
丸ごとチキンを専用スタンドに立ててかまどで焼きました。
1505yakitori

何かのオブジェを思わせる、チキンちゃん。

表面の皮が香ばしくて美味しかったです。
野菜もそのままホイルに包んで焼きます。
また、ペンネをクリームスープで野菜と一緒に煮込みました。

3.午後の自由時間
昼食から流れる感じで、皆それぞれ午後のひと時を過ごしました。

櫻田さんは自宅から持ってきたという、ゴーヤの苗を植えました。うまくいけば、昼職はゴーヤー料理です。次回の昼食は沖縄料理?

若干1名、、、妙なニックネームがついてしまった(無理やりつけられた?)方もいたようで、、、次回以降の彼に期待したいと思います。

次回は6月14日です。皆様の参加楽しみにしています。

以上、見学参加の田中がレポートしました。

追記:今回は児童養護施設の施設長にも初めて参加いただいて、里山開拓の楽しさ、やりがい、意義を実感いただくことができました。関係者の理解と信頼関係を深めつつ活動をさらに拡げられたらと考えています(代表・堀崎)。


スポンサーサイト

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

里山開拓報告 | 05:13:22 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad