■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

子どもたちとの里山開拓(第23回)~夏の里山でスイカ割り 2015年7月12日
実施日:2015年7月20日(日)
参加者:児童養護施設側 子ども3名 大人1名
     開拓団側 子ども1名 大人1名

その週は春先に逆戻りしたかような寒い日が続いていましたが、
当日は快晴で暑すぎるくらいの1日となりました。

午前中は、DIY!
男性陣は、前回壊れていたことがわかった第1広場の水タンクの修理をし、
女性陣は、第2広場 に簡単にテーブルを作成しました。

1507table.jpg

土や石集めをしたり、ガタガタしないように石を重ねたり、
子どもたちと知恵を出し合いながら頑張りました。

今日は中学生だけだったので、
途中、手より口のほうが動いていた・・・というのも楽しい思い出です。

1507tank.jpg

男性陣が担当した水タンクは、無事に修理完了。
これで、9月の里山企画では水がない!!という心配もなくなりました!


お昼ご飯は、気温が高いので、
火を使わない、夏らしいメニューにしました。
・夏野菜まるかじり
・夏野菜のサンドウィッチ
・スイカ!!!
・フ ルーツポンチ

先述のとおり、水タンクは故障中で水が溜まっていない。
ということで、朝は水・スイカを担いで運びました。

堀崎さん往復の苦労の甲斐あって、
冷たい水の中に、スイカと夏野菜が入っている
何とも涼しげな雰囲気が、里山で味わうことができました。
のどが渇いている中での冷たいトマトは絶品でした。

サンドイッチは作ったばかりのテーブルを囲んで食べました。
人数が少なく、火を見る必要もなかったので、
みんなで話をしながら、のんびり味わうことができました。

その後はお待ち兼ねのすいか割り~
が、中学生の 冷静な意見もあり、
思いっきり叩いてしまうともったいない!ということで、
すいか割りの割る瞬間は優しめの、
少し不思議なすいか割りとなりました。

1507suikawari_R_20150719073523244.jpg

その後、切ったスイカを食べ、
もう半分はくりぬいて、スイカのフルーツポンチもできました。

今回の里山企画は人数が少なく、火も使わないという
いつもと少し違った内容となりましたが、
だからこそ、食後にハンモックでのんびりしたり、
みんなでたくさんお話ができたりと、
とても充実したものになりました。

1507hunmock


そして何より、ものすごくたくさんのすいかを食べ、
夏気分を味わうこと ができました。

スポンサーサイト
里山開拓報告 | 07:19:12

FC2Ad