■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2/21 子どもたちとの里山開拓
前日は大雨で、当日晴れるのか気がかりでしたが、天気予報通りの晴天の中で、子ども達との里山開拓が始まりました。

足元は、落ち葉が湿っていて少し滑りやすかったので、急な坂道では滑らないように注意して歩きつつ、雨で浄化された里山の新鮮な空気を堪能していました。

今日は、山にあるものだけを使っての筆作りから始まり、書き初めをみんなでやりました。
ツタを適当な長さに切り、ハンマーで先端を叩いていくと、ツタの繊維がほぐれてきて筆先のようになるのには驚きました。

大人も子どもも、それぞれ自分だけの筆作りに熱中し、完成した筆は、それぞれの想い入れのある作品となりました。

DSC07724_R.jpg


そこから、作った筆を使い半紙と墨でおのおの書き 始めます。
中には筆で書いたあと、指を使って絵を描いていた子もいました。

160222kakizome_R.jpg

創作力を存分に発揮したあとは、片付けをし、かまどに火をおこして、食事の用意をします。

焚き火でふかされたお芋が美味しかった!
餅チーズピザや、リンゴを使ったデザート、豚汁、おにぎり、どれも美味しそうに子どもたちはお腹一杯に食べていました。

DSC07765_R.jpg


早いもので、食べ終わる頃にはもう下山の時刻。
ハンモックでのんびりしたり、食後の自由時間を楽しんで、今日の里山に別れを告げました。

また、子どもたちや大人の、自然の中にいるときの素の表情を見れる日が来るのが楽しみです。

スポンサーサイト
里山開拓報告 | 19:18:58

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。