■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

里山春の植物紹介 第一弾
開拓団の札に桜が!!

里山にも春が訪れました!
開拓団の札にも山桜の花びらが!

里山を上っている間にも沢山の植物たちが
花を咲かせ、みんな春を満喫しているのが感じられます。
そこで今回はツリーハウスとは別に、
皆様にも里山の春の仲間たちを紹介していきたいと思います!

ニリンソウ
白い花はニリンソウです。
白くてかわいいですよね。
里山では、標高の低い、木々の影に生育しています。
名前の由来は、「一本の茎に二輪の花を咲かせる」からで、
花言葉は「友情」「協力」「ずっと離れない」です。
これもやはり「一本から二輪」というところに由来してるんですね。
といっても、個体差があるのでたまに一輪だけだったり三輪咲いていたりしますが(^-^;

ヤマブキ
黄色い花はヤマブキです。
「山吹色」で有名ですが、実際の花も
鮮やかで、少し深みのある黄色ですね。
里山では、標高の低い、日当たりの良いところに生育しています。
花言葉は「気品」「崇高」「金運」。
谷底に落とした金貨がヤマブキの花になったという言い伝えもあるそうで、「気品」や「金運」の花言葉はそれに由来するといわれています。

さて、今回は二つの植物を紹介しましたが、
春の里山の仲間はまだまだたくさんいますので、
これからも第二弾、第三弾と続けていきたいと思います!
スポンサーサイト


東京里山情報 | 21:36:49

FC2Ad