■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「お〜い 里山」活動報告会を開催しました!!
「お〜い 里山」活動報告会

20170617_01
6月10日(土)IID世田谷ものづくり学校にて、私たちの初めての試み「お〜い里山!活動報告会」開催いたしました。これまで小規模な説明会は行って来ましたが、今回のように支援者の方々も交えての報告会というイベントを企画するのは初めて。暑い中、20名を超える方々にお越しいただき、しっかりと私たちの活動を報告することができ、また新たな出会いにもなりとてもよい機会でした!
20170617_02
20170617_03
まずは、代表堀崎より、東京里山開拓団の活動報告をさせていただきました。これまでの5年半の取り組み、昨年度の実績とこれからの活動計画をご報告。また、里山での1日の過ごし方をご紹介し、みなさんが疑問に思う「登山やキャンプ場との違い」「なぜ児童養護施設の子どもたちと行うのか」「子どもたちの変化」などについて、これまで里山開拓を続けてきた堀崎が感じたことを経験に基づき、率直にお伝えしました。みなさん、大きくうなずかれており、共感していただけた様子でした。
20170617_04
次に、児童養護施設・救世軍機恵子寮職員 髙田祐介氏による、児童養護施設としての里山開拓の位置づけや価値について、お話いただきました。虐待により児童養護施設に入所する子どもたちには、「育て直し」が必要なのですが、私たちと一緒に行っている里山開拓は、その育て直しに役立っているそうです。里山に登る時は「暑い!しんどい!もう登れない!」などと文句を言う子どもたち。でも里山は何も手伝ってはくれません。しかし、頂上まで登ると団員が暖かく子どもたちを迎えてくれる。色々聞いてくれて遊んでくれる。里山開拓にはそんな両側面があるのだそうです。大いなる里山…「お〜い里山」と、つい言いたくなるお話でした。
20170617_05
お話を聞くのはここまで。次は、グループに分かれ「里山でどんなことができるか?」みんなでアイデアを出し合いました。対象は、児童養護施設の子どもたちに限りません。どんな人たちと、どんなことができる、自由に考えて付箋にアイデアを書いていきました。ひとつのアイデアが、みんなの発言によりどんどん膨らみ派生し、とってもたくさんのアイデアに。グループワークのメリットですね。楽しいアイデアが本当にいっぱいで…。全部実現できたら良いのになぁ〜…^^
20170617_06
20170617_07
里山話は尽きることなく…、ここからは、ビールを片手にスナックをつまみながら、懇親会へ。久しぶりにお目にかかる方から、初対面の方まで、たくさんの方と交流することできました。ハンモックや手作りブランコに揺られながら、和やかな時間が流れていました。
20170617_08
ご支援していただいている方へのご報告、興味を持ってくださっている方との新たな出会い、そして私たち自身もこのイベントを通じてたくさん学ぶことができ、本当に有意義な活動報告会となりました。ぜひ、これからもこのようなイベントを定期的に続けてゆきたいと思います^^ ご参加いただいたみなさま、そして団員のみなさま、ありがとうございました!
20170617_09
20170617_10

東京里山開拓団:浜田 亜依





スポンサーサイト


テーマ:NPO - ジャンル:福祉・ボランティア

定例会・部会報告 | 14:06:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。