FC2ブログ
 
■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
里山開拓10/16
【気候】 曇りときどき晴れ、気温24度?19度 風速0.5メートル(Yahoo!天気情報より)
【参加者】 2人 まき、みちやま
【多い虫】 蚊、クモの巣
【本日の作業】 道整備、広場整備、トイレ穴掘り(途中まで)、雨水タンク試飲、ツリーハンモック?設置、キャンプ
【タイムライン】
8:30頃 まき到着、道整備
9:30頃 一番下の広場整備、道整備しながら第2広場へ
12:00頃 お昼ごはん
13:00頃 頂上広場整備、トイレ穴掘り、道整備
14:30頃 みちやま到着、雨水タンク試飲。
15:00頃 ツリーハンモック?設置作業開始
17:00頃 設置終了!まき下山

前半レポートします、まきです。
到着後、祠に挨拶をして里山に入る。
歩きやすくなるように小スコップで道を整備しながら上へ登る。
一番下にある広場を整備、この場所も上手く活用できたらな…。
道に倒れてきそうな朽木があったので予め倒しておきました。

また、頂上広場の畑に使えそうな、よく日の当たる場所をちょと整備しました。
トイレの穴を掘ろうとスコップを入れてみると石がごろごろ…。
なかなか掘り進めることができない…ので、次回開拓の方よろしく。
美山の葉っぱで草木染したのれんをトイレに使おうと思います。
53333946_org.jpg

秋の里山にはいろんなきのこが…
53334039_org.jpg 53333992_org.jpg

ボトル2本で持ってきた水が残りわずかになった頃、
みちやまが脚立とハンモックを自転車リヤカーに乗せ到着!
到着早々水を持っていないのか、雨水タンクに水を汲みに行くと言う。
水タンク初試飲、みちやまが飲んで飲めるらいしいので私もちょっと飲んでみた。
飲めなくはないけど、よく見るとペットボトルに入れた水は少し黄色いような…。
雨水がタンクに入る前にちゃんとフィルターでろ過した方がいいと思いました。

これから、みちやまはツリーハンモック?を設置するということです。
つづきはみちやまレポートお願いします!(まき)

53334110_org.jpg

53334844_org.jpg 53334773_org.jpg

53334579_org.jpg

53335652_org.jpg

53335840_org.jpg

はい、みちやまです。レポートの続き&補足します。
僕のブログに写真とかあります。
http://michiyama.blog17.fc2.com/blog-entry-714.html

調布市から自転車リアカーにて高尾のホームセンター&スーパーに寄りました。
走行距離は約30キロ、休み休みで3時間くらいかかってしまいました。

スーパーとホームセンターが美山から自転車で20分くらい。
結構近いです。スーパーは夜9時過ぎるといろいろなものな半額になるそうです。
買出しにいいですね?脚立をなんとかリアカーに乗せて美山到着。

さ?ここからが大変、かなりの疲労蓄積された状態での山道。
アルミの軽いはずの脚立がめっちゃ重く感じ、ときどき足を止め
呼吸を整えて山道を進みました。途中、まきちゃんがみちやまが遅いと
感じたのか手伝いに来てくれた。ほんと助かった。

ハンモックは連日徹夜をして15時間くらいで作り上げました。
星空を眺めながらハンモックで一晩眠るという
夢のような空間を作るためなら、どんな苦難でもやり遂げる。これが僕の原動力です。

初日は思うようにハンモックが広がらず、設置方法を見直す。
木の棒を四隅のコナラに釘で打ち込んで、ハンモックが広がるようにする。

間伐材は固い木もあれば腐りかけの木もある。
固いと釘が入らず、やわいと折れてしまう。
ちょうどいい木を見つけるのがすごく難しかった。

コナラならいける!と生木を使ったらまったく使えず、
林業の人たちが木を乾かして使っている理由は実体験できた。
釘を打ち込むのに本当に時間がかかって、間伐材に打つのはできても
本木の方が固くて釘が負けたりして、も?四苦八苦。

がなんとか本木の弱い隙間を見つけてそこ目掛けてガツン!
と1.3キロの金槌を打ち込む、腕は筋肉痛になって上がらなくなったり
たまに指打ったりして、凄くパワー使いました。

ハンモックの張り加減はすごく寝る上で重要で、
納得いくまで進めました。結果、2日間もかかってしまった。
だけど、それだけ気持ちのいいものができて満足。

ツリーハウスの上に更に大きいツリーハウスを作りたい!
という居酒屋の場での意見はよーく考えなおすと、
ハンモックで星空を眺めながら眠るという最終目標のための一手間
だったことに気づく。手段はいくらでもある。大切なのは目的。

夜、ゆうすけは用事があったりして、結局1人で山の中で一晩過ごす。
持ってきたフライパン使って鍋したり、チョリソー焼いて、赤ワインを飲んだ。
あまりのうまさに「うめ?!」と叫ぶ、周りには誰もいない。
前回泊まった経験があったので、獣の怖さとかはなかった。

たまに蚊が耳元をぷーんと言うんだけど、家と違ってそんなに嫌な感じがしない。
何よりも暗くて1人なので何かが近くにいることで安心する。
こいつらも生きるのに必死なんだな、と蚊も受け入れられるようになる。

自然と繋がること、孤独を知ることってこういうことかと実感できた。
1人キャンプまきちゃんよりも先にしちゃったよ(笑)

次回は小屋作り、寝袋が置けるようになれば、もっと身軽に美山を楽しめる

みんなで引き続き開拓ガンバロー!
スポンサーサイト


里山開拓報告 | 19:46:29 | トラックバック(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。