■プロフィール

東京里山開拓団

Author:東京里山開拓団

【東京里山開拓団】とは…
荒れた里山を開拓して現代都市社会の課題克服のために活用するボランティア活動です(2009年春発足)。

●開拓団の主な活動
毎月1回(日曜):児童養護施設の子どもたちとの里山開拓@八王子、第2水曜夜:準備会議@下北沢
その他、里山の企業研修での活用も推進中。

★★★メンバー募集中!★★★

詳しくは里山開拓団HP



■リンク
■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

■リンク2
■RSSリンクの表示
■twitter

子どもたちとの里山開拓企画(第20回)~里山で花見三昧~ 2015年4月19日
里山開拓団企画、記念すべき第20回は「〜里山で花見三昧〜」、
その名の通り、山桜の咲き乱れる里山でお花見を楽しもう!という目的でした。

参加者は児童養護施設から子ども4名・大人2名、
開拓団から子供4名・大人8名、見学4名の合計22名となりました。

やや曇り空ではありますが、暑くもなく寒くもなく、
お花見には丁度よい気温です。

ふもとの神社へお参りした後に、山頂目指して出発です。

初参加の子供が2名いましたが、山頂の「ハイジのブランコ」や「展望台」を
見つけると目がキラキラと輝き、スルスルと展望台に登っていきました。

展望台

開拓団が山頂へ到着した後、ほどなく養護施設の子供達も到着です。

自己紹介の後、一つ目のイベンはト「暗夜行路」です。 
暗夜行路とは、「ロープを木に張り巡らせ、目隠しをし、ロープをつたってゴールを目指す。」
という遊びです。
ロープを張り巡らせたら、目隠しをしてスタート!
2グループに分かれ、お互いのコースに挑戦!

暗夜行路

スピードを競いましたが、子供の機敏さに大人はかないませんでした。


次のイベントは新緑の葉を使った、「たたき染め」です。

新聞紙と布の間に葉っぱを挟み、木槌でコンコンとすると・・・
意外?にクッキリと写りました。
みんな夢中になって「次はこれ!」と色々な葉っぱで試していました。

たたき染め

ほど良くお腹が空いてきたので、いよいよ花見です。
花見と言えば、屋台ですよね。

ということで、焼きそば、焼き鳥、コンニャク玉などの
屋台っぽい料理に舌鼓。

お餅とお芋を混ぜ合わせた「ねりくり餅」も大人気でした。

軽く炙ったマシュマロ、アルミホイルの上で温めたカントリーマアムも
一瞬で子供たちの胃袋に納まりました。

と、ここで、団長が、「みなさん今日は何をしに来たんでしたっけ?」
と呼びかけますが、 花より団子 とはよく言ったものです・・・

頭の上で山桜がアピールしてまーす!

花より団子

途中雨がパラつきましたが、みんなの笑顔で雨雲もどこかへ・・・

お腹いっぱいになった後はフリータイム!
初めて出会った、子供も大人もすっかり仲良しです。

ハンモック

シーソー

里山は無条件でみんなが笑顔で仲良くなれる場所。

またみんなで遊ぼうね!(櫻田)

スポンサーサイト


里山開拓報告 | 03:14:25

FC2Ad